会社を退職して2週目が終了しました。正直在職中はかなり多忙であまり情報収拾が出来ていなかったので、ようやく情報収拾から手を付け始めたという感じです。分かっていたことではあるのですが、現状の私のステータスでは乗り越えるべき大きなハードルが2つあります。

英語

海外勤務を希望した場合に英語能力を問われるのは当然です。英会話能力を問わない場合も稀にあるかもしれないですが、例えばほとんど日本語で対応可能な業務内容とか、よっぽどそのポジションが足りていないとかそういった前提になり得ると思います。エンジニア職は会話能力において多少優遇されるという記事もありましたがとにかく早急に対応する必要があります。

英会話の検討など英会話の検討などもちろんなのですが、せっかくフリーランスの状態なので英語を使って何か新規プロジェクトを海外の方と行うことが出来たら最良だと思っています。(採用面談の際にもアピールになりやすいと思う)どうしたらそのようにできるかは模索中です。。

学位

就業ビザで目指すべきH1Bビザの取得にはほぼほぼ学位が必須となるようです。(正確にはそれまでの職業経験で同等の知識等を有することを認めさせることが出来ればなくても良いようなのですが)

こちらもあった方が当然有利に働くでしょうから取得を目指します。今から大学生になってキャンパスライフを送っている余裕はないのでもちろん通信制。現在検討しているのは以下。

また、一応2年制の専門学校を卒業しているので可能であれば3年次編入を狙います。

・北海道情報大学 システム情報学科(秋季3年次編入あり) ・東京通信大学 情報マネジメント学科(20年春3年次編入あり) ・帝京大学 理工学部情報科学科(20年春2年次編入の可能性数%あるか。。) ・University of the people computer science degree

少なくとも出願は全てしようかなと思っています。北海道情報大学は狙い通り3年編入できるようであれば最短で学位が取得できるので第1希望ですが、University of the peopleも既に申し込み済みです。こちらはCSの学位が取得できますし4年かけて頑張りたいなというところです。


以上2つの壁ですが、どんなに全精力を注いで頑張っても英語は半年以上、学位取得は2年かかるとして、その状態でも雇ってくれる会社を見つける必要があります。以下現在考えている2つのシナリオです。

1stシナリオ
駐在ビザ(L)で海外勤務を実現し、並行して学位を取得、H1B取得が実現可能なレベルになった際にサポートしてくれる。

2ndシナリオ
将来のビザ取得サポートを前提に日本で働く

2つ目のシナリオはその通り海外勤務ができる可能性ってかなり低いのではと考えているので、ひとまず1stシナリオを求めて求職活動をしてみようと思っています。